短期間でまとまったお金が稼げると人気があるのが期間工です。期間工は比較的間口が広いのが特徴ですが、それでも面接で不採用となる人もいます。そんな不採用にならないためには事前準備が必要になります。ここでは、採用されやすい人と採用されにくい人の特徴、アピールポイントについて紹介します。

採用の人と不採用の人の特徴

採用の人の特徴

期間工とは、一定期間を設けて企業と労働契約を結んで仕事に従事する労働者のことです。以前は臨時工又は季節工と呼ばれていて、農家の農閉期に出稼ぎに出て働く人を指してこのように呼んでいた時期もあります。…

不採用の人の特徴

期間工とは、6ヶ月または1年間などの短期間に集中して働く人のことです。企業によって採用条件はまちまちですが、基本的には良い人材を採用したいという思いには変わりはありません。それでは採用される人の特…

アピールポイント

期間工では、採用されやすい人と採用されにくい人の特徴がありました。面接では、採用されやすい人の特徴をよく理解して、その特徴をしっかりとアピールすることも重要です。ここでは、アピールのポイントについて紹介します。

スポーツをしていたので体力だけは自信がある

結婚資金や夢のために資金を貯めたい

御社で長く活躍したい

採用されやすくなるためにはどうしたらいいの?

社会人として常識的な格好で面接に臨む

期間工として採用されるため、どういったことに気をつければいいのでしょうか。まず、注意したいのは面接の日時などを問い合わせる電話です。基本的に、電話に出るのは採用側の社員であり、もし失礼な言動などがあれば採用担当者に報告する可能性があるでしょう。ビジネスマナーの本などで挨拶の仕方や話し方など確認してから問い合わせの電話を行うといいですが、それが無理な場合、最低限、敬語で話すようにしましょう。 次に面接時の身だしなみですが、ぼさぼさの髪、無精ひげ、汚れた服などで行くと大きく減点されることはほぼ間違いありません。期間工には正社員のように厳密な身だしなみは求められていないと考える人もいて、実際、比較的、自由になっていることが多いですが、面接時にあまりにもカジュアルだと社会的な常識がないと敬遠されます。

友達を相手に模擬面接をして本番に活かす

面接時の態度も重要です。たとえば、「本当は期間工として働きたくない」といった雰囲気を出してしまえば、そういう人を積極的に採用しようとはまずなりません。そういった雰囲気は大抵、返事に出てきますから、はっきりとした返事を心がけるといいでしょう。 今までほとんど面接を受けたことがないという人は、友人などに頼んで模擬面接をしてもらうと本番で役に立ちます。たとえば、椅子に座ったときに貧乏揺すりをする、あるいは人の目を見て話していないといった癖などを指摘してもらうことで改善できるからです。 また面接時にはスマホの電源を切っておきましょう。面接の最中に着信のメロディが鳴り響いてしまった場合、いい印象を与えることはまずありません。もちろん、面接中に電話がかかってこなければ電源を切っても切らなくても同じですが、配慮の気持ちは面接時に態度や雰囲気として必ず出るはずです。