スポーツをしていたので体力だけは自信がある

収入のいい期間工が人気を高めている

期間工の仕事は結構きついため、仕事を探している人にとって人気のある求人とはいえません。だからこそ、勤め始める前に準備金がもらえることがあったり、契約期間を全うした人に対してはボーナスが支給されたりします。つまり、雇う側がいろいろなメリットを提示しないと、なかなか人が集まらない仕事といっていいでしょう。
しかし、近年はなかなか仕事を見つけられない人が期間工に応募するケースが増えているため、応募しても面接の末に落とされてしまうことが出てきました。期間工は収入面では期待できますし、先に契約期間が決まっているので予定が立てやすく、そういったところも評価を受けているので今後も傾向は変わらないかもしれません。

運動部に所属していた人間は体力以外の部分も評価が高い

では面接で落とされないために、どういった点をアピールしていけばいいのでしょうか。まず、学生時代に運動部に所属していたのであれば、特技欄などにそのことを書いておきましょう。そうすれば、体力には自信があるということをアピールできます。運動部に所属していた人間は体力だけではなく、つらい練習に耐えるなど精神面でも鍛えられていることを雇う側は知っているのでかなり印象がよくなるでしょう。
また、工場というのは比較的、体育会系的な付き合いが要求されることが多く、社員に飲みに誘われることがあるかもしれません。運動部に所属していたのであれば、そういった人間関係にも苦労しないだろうと評価してもらえることもあります。