不採用の人の特徴

期間工を望んでいる人は必見です

期間工とは、6ヶ月または1年間などの短期間に集中して働く人のことです。企業によって採用条件はまちまちですが、基本的には良い人材を採用したいという思いには変わりはありません。 それでは採用される人の特徴を挙げると、20代~30代前半の人で体力や活力があり、気持ちが前向きで将来に伸びしろがある人。また、期間工の経験者も採用条件の上位にランクされます。遠方の人で入寮に拘らない人で、私生活でも団体生活が容易にできるなどの寛容な気持ちを持っている人です。 このように健康でホジティブな人は面接のときに好感度が高く企業としても受け入れやすい人材と見てくれます。それだけに面接時のはきはきした態度が好印象を与えますので、はっきりした態度で対応することです。

不採用になる人とはどんな人

期間工の面接時に不採用になる人には様々な要因があります。企業によって一概には言えませんが、年齢が40歳以上の人は体力的な衰えから敬遠されます。それに普段から血圧が高かったり、面接時の健康診断で何らかの症状が発見されたりするなど健康状態の悪い人、肥満の人も除外されます。また、転職回数が多すぎる人も疑問視されます。面接時転職理由を聞かれて明確な答弁ができないと不利になります。

その他、私生活で消費者金融やカードローンなどで多額な借金がある人も、後々返済できなくなった際のトラブルや事件が起きる可能性が高いという理由から敬遠されます。入れ墨がある人は社会的にタブー視されますので見た時点で不採用です。その他協調性のなさそうな人です。面接時に見分けにくいことですが、第一印象など面接担当者の判断によるところが大きいと思います。