御社で長く活躍したい

期間工でも契約を延長することで長く勤められる

期間工というのはその名前の通り、働く期間が決まっている人のことを指します。たとえば、半年の契約であれば勤め始めて半年後に契約が終了し、退職することになるのです。ただ、絶対に退職しないといけないということではありません。会社によっては契約期間を延長して働き続けることも可能なのです。
もちろん、会社が契約延長を認めるかどうかはそれまでの働き方で変わってくるので、何度も無断欠勤したり、仕事でミスが多かったということであれば延長希望を拒否されるかもしれません。しかし、ちゃんと働いてきた人であれば会社としては延長は大歓迎でしょう。仕事の戦力として計算が立ちますし、新しく入ってきた期間工の面倒を見てもらうといった役割も期待できるからです。

期間工を長く働ける裏付けを履歴書に記載する

会社として、きちんと働いてくれる人であれば契約延長大歓迎ということなら、面接時に自分は長く働くつもりであるとアピールすれば優遇してもらえるかもしれません。ただ、口頭だけでアピールしても「口だけならなんとでもいえる」と思われてしまうかもしれません。そうした事態を防ぐために、履歴書にきちんとした実績を書くことが大切です。
たとえば、中高の六年間、運動部でレギュラーだったと書けば、「長く勤めたい」といっても口だけと思われることは少ないでしょう。また、以前、別の工場で期間工として働いていたというのであれば職歴欄に記載するべきです。職歴欄には正社員として働いたことだけを書くべきという人もいますが、必ずしもそう決まっているわけではありません。